冬の車選びのお手伝いサイト

冬は車でレジャーへ出かけよう!

最も注意!滑る危険を回避

雪道を走る際には、何と言っても滑りにくいということが一番重要です。
雪が凍って滑りやすい道となれば、車がスリップしてしまう危険性が大いにあります。
普段より気をつけて慎重に運転していても、斜面や凍り具合によってどうしても滑ってしまうことがあるのが雪道です。
下り坂の場合は特に注意が必要となります。
せっかくウィンタースポーツを楽しみに行くというのに、途中で事故を起こしてしまっては遊ぶどころではなくなります。
雪道対策として、スタッドレスタイヤに替えたり、タイヤのチェーンを付けたりするということは一般的ですが、それに加えて滑りにくい仕様の車を選ぶよう心掛けましょう。
滑りにくい車というのは、ずばり安定性のあるものなのです。

求めるのは安定性

雪道や山道には凹凸の激しいところもあり、そのような道を通るとかなり車が揺れます。
そのため、段差による揺れや衝撃に強い、安定性した乗用車が必要となってくるのです。
安定性のある乗用車と言えば、四輪駆動車です。
よく「4WD」や「四駆」と呼ばれるのを耳にしたことがあるかと思います。
通常の車は、前輪か後輪のどちらかを駆動する二輪駆動であることが多いです。
四輪駆動であれば、走行が安定し滑りにくいと言われています。
ただ、その分燃費が悪くなってしまうのは仕方がないことです。
この四輪駆動が開発されたのは悪路の走行を助けるためなので、雪道や山道にはもってこいの車と言えます。
また、車自体の重量は重い方がさらに安定性が高まります。